きなこの家づくり日記☆セキスイハイムSPSであったかハイム☆

セキスイハイムのスマートパワーステーション(SPS)で夢のマイホーム計画♪

火災保険どーする!?セキスイハイムオーナーズ保険のメリット

みなさんこんばんは。きなこです。

家についてのすべての仕様が確定したきなこ家。これで一息といきたいところですが、まだ決めていないものが1つありました。それは、火災保険です。

我が家はどんな火災保険を選んだのでしょうか!?

 

f:id:kinako_0128:20200501202521j:plain

 

火災保険といっても、様々な保険会社のいろんな種類の保険があります。そして、セキスイハイムにも提携の保険があります。それがこちらになります。

 

セキスイハイムオーナーズ保険です。

f:id:kinako_0128:20200501203130j:plain

  

東京海上日動さんの保険になるんですが、セキスイハイムと提携をしており、ハイム営業いわく他の保険よりも安いそうです。中には他社と比較をされている施主さんもいらっしゃいますが、我が家はハイム営業の「安いですよ!」という言葉を信じ、特に他社との比較はしておりません(^-^;

 

そんなハイム営業の言葉だけ信じてこの保険を選んじゃっていいのか!?って感じですが、それだけじゃなくてしっかりメリットもありますよ。

 

それがこちらです。 f:id:kinako_0128:20200501203150j:plain

 

この上記の図のように、セキスイハウスにはセキスイファミエスという修理や点検などを行ってくれる会社があり、そことセキスイ保険サービス、東京海上日動とすべて提携してつながっているので、もし何かあればセキスイファミエスに依頼をすれば、それだけで保険の手続きが進められるんです。

 

ですが、他の保険会社の場合は、保険会社・代理店・修理メーカーそれぞれと連絡を取って手続きを進めなければいけないので、手間がかかってしまいます。

 

私達夫婦はとにかくめんどくさい事が嫌いです。なので、できれば楽に手続きができるほうがいい!という理由でセキスイハイムオーナーズ保険を選ぶ事にしました。

 

 

そして、そんなセキスイハムオーナーズ保険には3つのプランがあります。

スタンダードタイプ・ワイドタイプ・ワイドプラスタイプの3つです。

 f:id:kinako_0128:20200501203236j:plain

 

プランによって保障される補償される内容が変わります。スタンダードタイプが最低限の内容、ワイドタイプはそれに少しプラスされた内容、ワイドプラスはすべての補償が付く内容になります。

 

ハイム営業「3つの中のどの内容にされますか?」

 

旦那「う~ん、普通に最低限ついてればいいからスタンダードでいいかなぁ・・・。ちなみにどれが一番多く選ばれてるんですか?」

 

ハイム営業「そうですねぇ、真ん中のワイドタイプを選ばれる方が一番多いですよ。」

 

旦那「そうなんですね!どれがいいんだろう??」

 

どこまで補償をつけたらいいかすごく迷うところです。できればたくさん付いてたほうがいざという時に安心なんでしょうが、そのぶん金額が高くなってしまいます。

 

ちなみに、10年加入の場合のそれぞれの見積を出していただきました。火災保険とそれにプラスで地震保険も付いてます。

 f:id:kinako_0128:20200501203540j:plain

 

さらに補償内容をじっくり確認していったんですが、旦那はどうしてもこれが付けたいようで・・・

f:id:kinako_0128:20200501203800j:plain

 

ワイドプラスにしか付いていない「建物付属機械設備等電気的・機械的事故」の補償です。これについての詳細はこちらです。

f:id:kinako_0128:20200501203818j:plain  

これを付ける事で、快適エアリーとか太陽光発電の補償も付ける事ができます。もし事故や災害で壊れてしまった場合、自分達で直そうと思うとかなりの費用がかかってしまうので、少しでも金銭的負担を減らしたいとのことでした。

※2020.5.4追記:あらためて確認したら、こちらは災害とか事故による故障に対する補償ではなくて、電気的・機械的事故(ショートしてしまったり、過電流により火が出てしまったりなど・・・)に対する補償のようです(^^;)おそらく旦那はちゃんと認識してつけた!?と思われますので、そのまま付けておきたいと思います。快適エアリー自体の保証内容と重複してしまう可能性もありますが、たくさん付けといたほうがいざという時安心!という事で、あまり細かい事は気にせずいこうと思います(。-∀-)

 

 

さらに、我が家の立地を考えると、川が近いので水災についての補償は必須になります。ですが、ハイムの保険の通常プランだと、地盤面から45cm以上の浸水でないと補償されません。

f:id:kinako_0128:20200501204439j:plain

 

きなこ「もし45cm以下の浸水だったとして、なにか家に影響が出る場合ってありますか?」

 

ハイム営業「床下に快適エアリーの機械が入っているので、それがダメになってしまう可能性はありますね。」

 

高額な快適エアリーがダメになってしまうのは大変な事です。なんとかそれにも補償が下りる方法はないんでしょうか!?

 

ハイム営業「最近そういったパターンの補償も希望される方が多かったので、新たに45cm以下の浸水でも補償されるプランができたんですよ!」

 

それが「特定設備水災補償」というものだそうです。それも含めた見積がこちらになります。

f:id:kinako_0128:20200501203952j:plain

 

最初に出してもらった見積よりもさらに金額が上がってしまいますね( ;∀;)ただ、旦那が希望する快適エアリーや太陽光の補償を付けるには一番高いワイドプラスを選ぶしかないし、でもそれだと378,010円・・・高い・・・

 

そんなこんなで迷っていると、ハイム営業から提案がありました。

 

ハイム営業「ハイムの家は地震で壊れてしまう事はよっぽどの事がない限りないと思うので、地震保険を付けない方も結構いらっしゃいますが、それを抜く事で多少金額が安くはなりますよ。」

 

旦那「ちなみに地震保険付ける割合ってどれぐらいですか。」

 

ハイム営業「半々ぐらいか、付けない方のが若干多いかもしれません。」

 

旦那「そっかぁ・・・じゃあ無くてもいいかなぁ・・・」

 

ただし、デメリットもあります。いくら建物が地震で壊れなかったとしても、地震によって火災が起こった場合は、地震保険に入っていないと補償が付きません。地震による津波によって浸水した場合も、地震保険に入っていないと補償は付きません。

 

きなこ「津波は警戒区域じゃないから大丈夫だとして、火災は心配だなぁ・・・」

 

旦那「でもうちはオール電化だしガスはないから大丈夫じゃない!?」

 

きなこ「まぁ、昔の家に比べたらそーゆうのも安全にはできてるのかな!?」

 

色々言い出したら切りがありません。かなり迷う所ではありましたが結局・・・

 

旦那「地震保険無しでお願いします!」

 

という事で、地震保険無しで、火災保険のワイドプラスタイプ(10年)に加入しました。保険料は地震保険分の金額を抜いて、315,110円になりました。

 

できれば災害や事故などが無いのが一番ですが、もしもの時はセキスイハイムオーナーズ保険にお世話になりたいと思います。最後の最後に大きな出費ではありますが、備えがあればいざという時に安心ですよね(*^^*)

 

そんなわけで、これにてすべて決めなければいけない事は決め切りました。打ち合わせもすべて終了です。長かったですが、今後無くなってしまうと思うとちょっと寂しい気もしますね(;´Д`)

 

次回は、そんな長かった今までの打ち合わせを振り返りつつ、打ち合わせの最後の締めを行っていきます。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします(#^^#)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング