きなこの家づくり日記☆セキスイハイムSPSであったかハイム☆

セキスイハイムのスマートパワーステーション(SPS)で夢のマイホーム計画♪

【続・工場見学】キッチン・浴室・洗面台ショールーム見学

みなさんこんばんは。きなこです。

工場見学続編、今回は設備のショールームスペースを見学したお話です。

 

f:id:kinako_0128:20200107131619j:plain

 

工場とモデルハウスの見学を終え、最初に案内された建物に戻ってきました。この建物はキッチンや浴室、洗面台などの設備のショールームスペースになっています。沢山の設備が並んでおり、一気にテンションがあがりました。

 

まず、キッチンです。

早速私達が採用予定のLIXILアレスタを見せていただきました。

 

ハイム営業「このキッチンはちょうど大きさ的にも一緒だと思います」

 

実際に見ると、人造大理石トップの広々としたステキなキッチンでした。セラミックトップのリシェルSIに未練はありましたが、これはこれで立派なキッチンだと思いました。

 

私がアレスタを色々見ていると、横から旦那ママが話しかけてきました。

 

旦那ママ「私はこのキッチンがいい!!」

 

そう言って寄って行ったのはパナソニックのキッチンでした。

 

旦那ママ「こっちのが高級感があっていいじゃん!!」

 

そのキッチンは黒っぽい鏡面の木目調っぽいパネルのキッチンだったんですが、おそらく色やデザインが気に入ったんだと思います。でも、もしメーカーを変えたら金額がどれぐらい変わってしまうかもわかりません。もしかしたら高くなってしまうかもしれません。それに、私の中ではすでにアレスタって決めていたので、旦那ママの意見に負けてたまるか!!と思って、思わず言い返しました。

 

きなこ「でも私はこのキッチンがいいんです!!!」

 

私が強く出たので旦那ママはそれ以上言ってこなくなりました。前々からいろんな事に口出ししてくるタイプの人だったんですが、家の事、特にキッチンに関しては口出しされたくないと思って、いつもよりもかなり強めに出たのできっと旦那ママもびっくりしたんじゃないでしょうか(^-^;

でも、私達が建てる家だし、親の言いなりになるのも違うかなと思ったので、家のことに関してはハッキリと言わせてもらおうと思いました。

 

ですが、旦那ママに勝った!と思ったのもつかの間・・・今度はアレスタの仕様について口を出してきました。

 

旦那ママ「これ、シンクは絶対ステンレスのがいいんじゃない?そのほうが使いやすいよ!」

 

ハイム営業「シンクをステンレスにしていただくと、その分少し安くなりますよ」

 

旦那ママ「だったらそのほうがいいじゃん!少しでも削れる所は削って、他の所を豪華にすればいいしね!」

 

旦那ママ的には、単純にステンレスのシンクのがほんとに使いやすいと思ってそう言ったのかもしれません。ただ、私的には私にとって家の中で一番大事なキッチンをケチれと言われているように感じてしまい、正直あまり良い気はしませんでした。というかただでさえ希望のリシェルSIを見送ってアレスタにしたのに、さらにケチれって言うの!?それまでルンルン気分で見ていたのに、そこで一気にテンションが下がりました。

 

 

そんなテンションのまま、次は洗面台です。

ハイム営業から提案されているのはLIXILの洗面台(IL洗面)です。

f:id:kinako_0128:20200107202450j:plain 

 

蛇口や水栓が上についている事で、掃除がとても楽そうです。下についているタイプだとどうしても蛇口や水栓付近に水垢がたまってしまうので・・・。豪華な洗面台ではありませんが、使い勝手を考えると、これが最適かなぁと思いました。のちに気づいたんですが、きなこ妹宅もこれと同じタイプの洗面台でした。

 

 

次に浴室の見学です。

タイプや広さが様々な浴室のモデルが展示してあります。

 

きなこ「これはアドバンスS、一番高いやつで、これは標準のアドバンス、これはシンプルなスマートですね?」

 

ハイム営業「なんでそんなに詳しいんですか!?」

 

きなこ「色々調べたんです。アドバンスのカウンターも今はこれじゃなくて形が変わったんですよね?」

 

ハイム営業「その通りです!そんな事まで知っているなんてすごいですね!!」

 

予習の効果が発揮できて、少しまたテンションが上がりました。そんなきなこ達の横で、旦那ママがまた口出しを始めます。

 

旦那ママ「お風呂はこの広さなの?」

 

ハイム営業「はい、図面はこの1坪のタイプになってます」

 

旦那ママ「え~っ、なんか狭くない??」

 

ハイム営業「これが一般的な広さの浴室になります。ただ、広々としたスペースを取る為に1.25坪タイプの浴室を選択される方も多いですよ」

 

そして1.25坪タイプの浴室を見せられました。

 

旦那ママ「絶対にこっちの広さのがいいじゃん!!」

 

そんな旦那ママに旦那も影響を受け始めました。

 

旦那「たしかにちょっと狭い感じがするね。広いほうがいいかも・・・」

 

ですが、我が家の間取り的に1.25坪のお風呂は入りません。スペースが足りません。もしそのお風呂を採用したいのであれば、麻雀部屋を削るしかありません。旦那が一番こだわりたい麻雀部屋、そして麻雀部屋=将来旦那ママが使う事になるかもしれない部屋・・・そこを狭くすると言ったら旦那や旦那ママはどんな反応をするでしょうか!?

 

ちなみに、参考までにハイム浴室の広さはこんな感じです。いろんな方のブログを見ていると、確かに1.25坪(1721タイプ)の浴室を選んでいる方が多い印象です。

※ちなみに我が家は1717タイプになってます。

f:id:kinako_0128:20200107202734j:plain 

 

 

ちょっとモヤモヤが残った状態で、ショールームスペースの見学は終わりました。

次は見積を出してもらう前段階の間取り図の最終チェックを行っていきます。また旦那ママ口出ししてきそうだな・・・楽しいはずの家づくりが、やや苦痛になってきてしまったきなこでした。 

 

 

ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします(#^^#)

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

 


セキスイハイム(一戸建)ランキング